診療時間 10:00~13:00 14:30~19:30 土曜日 10:00~15:00 休診日 水曜日・日曜日・祝日

お電話でのお問い合わせはこちら075-223-5855

京都市中京区の歯科・歯医者-西川デンタルクリニック(烏丸三条近く)

一般歯科

痛い・しみる・歯ぐきが腫れたなどは早めの治療を・・

一般歯科治療は、むし歯治療をはじめ、歯が痛い・腫れた・冷たい・熱いものがしみる・・などの治療を全般に行っております。
このような症状を放置しておくと症状がひどくなり、最悪な場合、歯を抜かないといけない可能性が高くなります。
失った歯を人工歯などで補う事は可能ですが、天然歯(自分の歯)に勝るものはありません。

自分の歯と歯ぐきを守るためにも、早期発見・早期治療が不可欠です。

むし歯の状態を下記の様に表します。

C0(シーオー)

症状
歯が脱灰し、白く濁ります。痛みはありません。
治療法
適切なブラッシングなどにより進行が防げます。
削る必要はありません。

C1(シーワン)

症状
歯に穴があきますが、初期のむし歯で、痛みはありません。
治療法
むし歯を取り除き、修復材を詰めます。

C2(シーツー)

症状
むし歯がエナメル質(歯の表面)から象牙質まで進行し、冷たいものがしみ、痛みを感じます。
治療法
C1と同じくむし歯を取り除き修復材を詰めます。箇所が大きければ、インレーという部分的な詰め物をセットします。

C3(シースリー)

症状
歯の神経まで進行している状態です。熱いものがしみたり、何もしないのに激しい痛みを伴います。他の歯へむし歯が感染する恐れがあります。
治療法
患部を完全に削り取り、歯の神経を消毒し、歯に被せものをします(根幹治療)。根管治療には、針の形をした専用の器具を用いて治療を行っていきます。

C4(シーフォー)

症状
歯が崩れ、根しか残っていない状態です。抜歯をするほかなく、インプラント、ブリッジ、入れ歯という選択になります。
むし歯・歯周病などにならない歯を作る為にも、当院では予防歯科の代表格、PMTCを推進しています。

詰め物の治療例(保険適応)

歯内治療法とは?

歯内療法とは「歯の内部の治療」のことです。通常は歯の根の中の管(これを根管といいます)に関した治療を、歯内療法と呼んでいます。

どんな治療法をするの?

当院では歯内療法の治療は、目視する事が非常に難しいため、歯科用顕微鏡を用いて治療を行います。
まず、歯の変質した部分を削り取り、歯髄に達する所まで穴をあけ、細菌が侵入し変質してしまった歯髄を除去します。
歯髄腔の形や根管の壁を削りながら、全体をきれいに清掃します。掃除をしたこの空間を隙間なく材料で満たしていきます。

歯を抜かないといけない歯もこの歯内療法で、歯を残す事も可能です。

歯内療法に関してのお問い合わせはこちら

診療理念

PAGE TOP