診療時間 10:00~13:00 14:30~19:30 土曜日 10:00~15:00 休診日 水曜日・日曜日・祝日

お電話でのお問い合わせはこちら075-223-5855

京都市中京区の歯科・歯医者-西川デンタルクリニック(烏丸三条近く)

小児歯科・小児矯正

月1回こどもの歯並び無料相談行ってます。詳しくはお電話にてお問い合わせください

いつ歯医者に行ったらいいのかな?
気になるところがあるようなら、早めにご相談する事をお勧めします。
何気ない生活習慣に歯並びを悪くする原因が隠れていることもあります。
こどもの歯並びが悪くなる原因はなんですか?
こどもの歯並びが悪くなる原因は、遺伝による先天的要素もありますが、成長過程における環境や習慣などの後天的影響も深く関わってきます。中でも特に問題になるのが「くせ」です。歯並びを悪くする「くせ」には下記があります。

  • 指しゃぶり
  • 唇をかむ
  • 舌をかむ
  • 爪や鉛筆をかむ
  • おしゃぶりの長期使用などがあります。

親の歯並びがこどもに遺伝することはありますか?
歯の大きさや顎の形に遺伝的な要素がある為に、歯並びの遺伝は少なからずあると考えられていますが、親御さんの歯並びが悪いからと言って必ずしもお子さんの歯並びが悪くなるとは限りません。
顎の骨が成長段階である小児の時期に矯正治療を行う事で歯並びの問題を改善する事ができますので、歯並びが気になりましたらご相談ください。
歯並びが悪いままだと、どうなりますか?
歯並びが悪い状態を放置しておくと、十分な歯磨きが出来にくくなりますので、むし歯や歯肉炎・歯周病のリスクがあります。正しい歯並びはむし歯予防になります。

フッ素でお子さんのむし歯予防を!

お子さんの歯の健康を保つのは、とても大切なことです。幼いころから、むし歯をつくってしまうと歯医者さん嫌いの原因となってしまう事が多いです。
ですので、歯医者さん嫌いになるその前に、しっかりとむし歯予防をする事が大切になります。
歯科医院の診療台に座るだけでも怖くなってしまいがちなお子さんの為にも、普段からのブラッシングにフッ素を上手く取り入れると、むし歯予防につながります。
ぶくぶくうがいができるようになったところを目安に、おうちでもフッ素入りのジェルやハミガキを使ったむし歯予防をスタートしましょう。

乳歯が生えてくる順番

歯の始まりは、お母さんのおなかの中からです。妊娠2~3カ月で総ての乳歯の芽(歯胚)ができ、4~6カ月で石灰化し始めます。これが生まれて5~10カ月すると、乳歯として生えてくるのです。生える順番や時期は表のとおりです。全部で20本ですが、それぞれに時期にはかなりの幅があります。お子さんの成長ペースが順調なら、早い遅いと心配することはありません。

乳歯が生えてくる順番の説明図

永久歯の生えて来る時期

永久歯の生えて来る時期の説明図

診療理念

 

PAGE TOP